123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2019-11-05 (Tue)

庭に雑草が生えた時に、土から出た葉だけを取りますか?根っこから抜こうと思いますか?
多くの方は根っこから抜こうと思われるのではないでしょうか?
これって病気の改善にも同じことが言えるんですよ。

例えば花粉症がある場合、多くの方は鼻炎薬を飲みますよね。
これは雑草の葉だけを抜くのと同じことです。
今、鼻がでている。くしゃみが出る。目がかゆいの症状は改善すると思います。
でもまた花粉が飛べば症状は出てしまいます。

私がオススメしたいのは根本治療。                
いつ花粉が飛んでも症状が出ないように、また出たとしてもせめて症状が軽くなっていただきたいのです。
そのためには、食習慣・生活習慣の改善と漢方が必要になってくると考えます。

これは花粉症だけの話ではなく、アレルギーやガンをはじめとする慢性病も同じです。

先日ご相談いただいた50歳代の女性ですが、鼻炎で耳鼻科に通われていました。
薬を飲んで鼻水は少しでなくなったそうですが、薬を飲むと喉が渇くことと、眠たくなることに困られていました。
それで薬の服用を控えていると、こんどは喉の違和感を感じるように・・・・
胃の重さも気になるようになってきたとヘルシーBOX立石薬店に来られました。

鼻水の対策に漢方薬の小青竜湯を、鼻の粘膜、喉の粘膜、胃の粘膜を強くするために通竅(つうきょう)をお渡ししました。
服用して1か月半で鼻水の症状が減り、今は小青竜湯を飲むのを止め、通竅だけ飲まれています。
通竅は長く服用すればするほど粘膜を強くし過敏反応を抑えていきます。


アレルギーといっても、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息だけではないのです。


アレルギーの症状として起こる粘膜の過敏反応

●鼻粘膜が弱く過敏反応⇒鼻水・鼻づまり・慢性鼻炎・副鼻腔炎・後鼻漏
●口の粘膜が弱いと⇒口内炎ができやすい
●のどの粘膜が弱いと⇒のどがイガイガする・痰がからむ・のどが痛む
●気管支粘膜が弱く過反応すると⇒咳がでる
●胃粘膜が弱く過反応すると⇒胃弱・胃痛に
●腸粘膜の過反応で⇒下痢しやすくなる
●膀胱粘膜の過反応⇒無菌性膀胱炎を起こし頻尿に
●膣の粘膜が弱く過反応すると⇒慢性の膣炎に

これらの辛い症状を改善するには、粘膜を強くして過敏反応をさせないようにすることが必須です。
改善、そのためにはまず 通竅 を飲んでみて下さい。

通竅の構成生薬は「冬虫夏草」「紅参」「紫蘇」なのですが、これらの生薬は体を温める作用が強いものです。
 冬虫夏草・・・粘膜や皮膚のバリア機能を高めて外敵から体を守ります。    
 紅参・・・胃腸を強くし、血流を改善し、自律神経を整えます。
 紫蘇・・・免疫異常の調整をし、解毒効果があります。     


ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから







* Category : アレルギーの話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-11-01 (Fri)

 長い夏の暑さから解放されて、さわやかな季節となりました。
 11月ですものね。
じっとりとまとわりつくような大気に汗ばんでいた肌は、風に吹かれて、さらりと乾きます。                    
秋や春は空気が乾燥するため、「燥邪・そうじゃ」に侵されやすくなるのですが、からだの中で最も乾燥を苦手とするのは肺と大腸です。
 
 肺は東洋医学的には、気のエネルギーを生成して全身に巡らせるとともに、血液、水分の巡りや排泄にも関与します。
 燥邪が鼻や口から入り込んで肺が弱ると、新しい気のエネルギーができないため、呼吸器症状だけでなく、抵抗力(免疫力)も低下します。     
 具体的には、口やのど・皮膚の乾燥、鼻づまり、空咳、目の充血などの症状のほか、大腸の乾燥による全身倦怠感や免疫力の低下などがあげられます。
 大腸が乾燥すると便秘になります。

 また、乾燥は美容面にも大きく影響します。
 年齢を重ねることを「枯れる」といいますが、肺が弱って潤いをなくすことで、お肌など見た目の若さも失われがちです。

 食養生での対策として潤いには、季節の果物、柿や梨を野菜では、レンコンを食べるのをお勧めします。
 また冬に備えて免疫力を高めるには、旬のキノコ類がすぐれものです。        
 温野菜をつくる要領で、キノコにレモン汁と岩塩またはゴマダレなどでおいしく食べることができます。    

  
◎燥邪によって起こる症状にお役に立つものは・・・

 乾燥が始まる"燥邪"は特に肺にダメージを与えます。
肺には全身のすみずみまで"気"や"水"をスムーズに巡らせる重要な役割があり、新鮮な気を吸い込み、汚れた気を吐き出します。
気が広がらないと体表面のバリア機能が弱まり「第3の肺」である皮膚にも不調が現れます。
                                                   
 鼻水・せき・たん、しっしん・アトピー、アレルギー喘息・ 気管支炎・呼吸障害・息切れ・乾燥した咳・切りにくい痰・喉の痛み・ゼーゼーする呼吸などの呼吸器症状やアレルギー疾患や風邪をひきやすくなるなど免疫機能の低下としても現れます。


◎オススメの漢方薬・漢方食品
 麦門冬湯/ばくもんどうとう・・・肺を潤す作用があり、から咳、声かれ、喉の痛みを改善
 麻杏甘石湯/まきょうかんせきとう・・・肺の熱を取り除き粘りの強い痰をとります。
 通竅/つうきょう・・・粘膜そのものを強くし気管、鼻、咳、痰を改善します。
 スーパー紅景天/スーパーこうけいてん・・・血中の酸素濃度を増加させ肺の働きを改善させることにより呼吸が楽になります。
 肺風草/はいふうそう・・・・炎症を取り、咳、痰、喘息に効果があります



ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから




* Category : 日々のこと・思うところ
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-10-31 (Thu)

東洋医学を理解するうえで知っておいてほしい用語です。
生命力に関する用語をあげてみました。

先天の気 せんてんのき
 母親から受け継ぎ、もともと体に備わっている生きる力の素
 「腎」に蓄えられて「腎」の働きによって具体化します。
 先天の気の充実度が生命力を左右し、成長の様子や寿命の長さをきめるといっても良いかと思います。
 過労などによって消耗されていきます。


後天の気 こうてんのき
 体のはたらきによって体の外から取り込む生きる力の素。
 この世に生まれてから補充するので後天の気といいます。
 後天の気が充実しないと先天の気も充分に活かされません。
 「脾」の、脾力によって飲食物から「肺」の力によって空気の中から取り込まれます。


精気 せいき
 「後天の気」のうち「肺」の作用で呼吸によって取り込まれる大気中の「気」
 「気」や「血」が完成する最終段階で必要になる材料です。
 「精気」は体に躍動感を与え「精気」の存在によって物質に命が吹き込まれます。


水穀の精微 すいこくのせいび
 生命を与えるために必要なもののうち脾の働きにより飲食物から取り込まれるもので、構造物をつくる材料と躍動感を生むエネルギーの素の両方を含みます。
 気や血や津液をつくる大もとの材料になります。
 特に気をつくるものを「水穀の気」といって区別することもあります。
 これは「後天の気」の一部です。 


これらをもとに、今の生命力が作られています。


cm35_img02.jpg



ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから




* Category : 東洋医学の基礎知識
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-10-28 (Mon)

帳合しながら、今月もまた見つけてしまいました。
誤字。
ニュースレターをお読みくださっている貴女。
間違いをご指摘くださると、なんか良いことあります。

奮ってご参加ください。
って、クイズの為に間違えたんじゃないですよ~



ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから





* Category : 日々のこと・思うところ
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-10-26 (Sat)
変形性膝関節症をはじめ、関節の痛みの一番の原因は軟骨がすり減ることではありません。では何が一番の原因かと言うと、関節を支える筋肉が痩せて固くなってしまうことなのです。
冷えると血行が悪くなり、筋肉が固くなります。
冬は注意が必要です。反対に夏場もクーラーなどで冷えるので注意してくださいね。
 
 関節の痛みには、コラミンゴールドが早く効きます。


4977168252571.jpg

コラミンゴールドの特徴は、一般のサプリメントとは違い、炎症を鎮める天然成分が沢山配合されていることです。           

炎症を鎮めるには服用量を多くすることがポイントです。     
初めは必ず毎食後に10錠ずつ飲んでください。
改善して来れば錠数を減らしていただいてOKです。

薬草湿布の糾励根(きゅうれいこん)や邵氏温灸器、骨砕補の併用すると相乗効果でより早く改善してきます。






ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから




* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |