12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-11-28 (Thu)
IMG_8194 (2)

毎年干し柿を作っています。
この写真は今年第2弾目。
来週あたりには、第3弾を干す予定です。


毎年思うのですが、渋くて食べられない柿を干してたべるという先人の知恵に偉大さを感じています。

干し柿に使う柿はそのままでは食べることのできない渋柿です。
渋柿を乾燥させるとタンニンという渋良い成分が不溶性に変わり甘みを強く感じられるようになります。
その甘さは砂糖の1.5倍ほどになるそうです。

渋柿でなく甘く普通に食べれる柿を干してもこの甘さにはならないそうです。
昔は渋柿を干したときに付く白い粉を砂糖代わりに使ったそうです。
これは柿の実の糖分が結晶化したものです。

栄養成分としてもっとも多いのは炭水化物です。
水分が減っている分高カロリーになります。
食物繊維も多く他にマンガンやカリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。
もともとの柿にはビタミンCが多く含まれているのですが、干すことでなくなってしまい、代わりにベータカロチンが増えています。
タンニンが多く含まれているので鉄分の吸収が妨げられることがありますので、鉄剤を飲むときには時間をあけてください。
また、食べるのは1日に2個程度までにしましょう。

二日酔いの時に食べると改善するといわれています。
また、柿のへたは煎じて飲むとしゃっくりやげっぷに効くとされ、生薬になっています。






041.gifご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
041.gifご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでお電話でのご予約をお願いいたします。
041.gif勉強会に出席等で不定休、営業時間変更の場合もございますのでHP等でご確認ください。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから


関連記事
* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |