酵素って言葉を良く聞くようになりました。CMでも色々言ってますよね。
そもそも酵素って何なんでしょう?
酵素はタンパク質の1種で植物から動物まであらゆる生命に必要不可欠な物です。
呼吸や脈や運動といった動きから、消化や吸収や代謝や排泄まですべての生命活動や生態反応は全て酵素が担っています。  そしてその酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類に大別できます。

消化酵素というのは食べ物や栄養素を消化して、生命活動に必要なエネルギーに変換する働きの酵素です。また胃の中での消化を助ける役割もあります。                                    

代謝酵素は摂取したエネルギーを運動とか排泄など色々な生命活動をするのに役立ちます。
 酵素は必要不可欠な物ですが体内の酵素の数は年齢と共に減少してしまい、その働きや効果は段々と鈍くなっていってしまいます。          
多くあっても別に問題はないので積極的に酵素をとり、体内の酵素を増加させるようにしましょう。                    

酵素は、体の基礎をつくるものです。酵素が不足するとすぐに体調にあらわれます。それは、酵素があってはじめて食事で摂った栄養がエネルギーに変わるからです。 健康づくりの基礎の基礎、毎日酵素を摂ってください。          

酵素は体に溜めておくことはできません。
また、酵素は熱に弱く42度~70度で破壊されてしまいます。     

お味噌にも酵素が沢山含まれていますが、お味噌汁を作る時には火を止めてからいれてくださいね。
味噌汁
関連記事

6月の店休日

今ある不調は、粘膜が影響してるのかも・・・