1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2020-02-07 (Fri)

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、肺の間質(肺の空気が入る部分である肺胞以外で主に肺を支える役割のある部分)を中心に炎症をおこす疾患の総称です。

呼吸とは、吸った空気を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの間質のなかの毛細血管に酸素を運ぶことを言います。

間質性肺炎はこの肺胞の周りの間質に様々な原因による炎症が起こり、壁が厚くなり(線維化)、血液中の酸素が取り込まれにくくなる病気です。

症状としては、息切れ、痰を伴わない咳があります。
比較的ゆっくりと進行する病気なので、症状を自覚した段階では病気が進んでいるということもあります。


間質性肺炎は国の指定難病に該当します。
そして病院では治らない病気とされていますが、そんなことはありません。
呼吸を楽にする方法はありますし、酸素療法を回避する方法もあります。


pneumology10.png




041.gifご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
041.gifご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでお電話でのご予約
お願いいたします。
041.gif勉強会に出席等で不定休、営業時間変更の場合もございますのでHP等でご確認ください。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから

* Category : 病気・症状の話と養生法
Comment : (-) * Trackback : (-) |