12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-12-31 (Mon)
嬉しいこと、
悲しいこと
出来なかったこと
出来たこと
色々ありました。
嬉しいことは、
開業25周年を迎えられたことです。
ご来店、お買い上げくださるお客様がいないと店は成り立たないのです。
本当にありがとうございます。
やりたいのに出来なかったことは、来年新たにチャレンジします。
悲しい別れもありました。
でも乗り越えないとですよね。
悔しいことは自分の責任。これを糧に来年頑張らないとです。
私は今から東に向かいます。
未熟者のオバちゃんですが、来年もお付き合いいただければと思います。
2018年、お世話になりました。
* Category : 日々のこと・思うところ
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2018-12-29 (Sat)
本年も沢山の方々にご来店、ご縁をいただき感謝しております。

2018年のヘルシーBOX立石薬店営業日は本日6時までです。

新年の営業は 5日(土)10時 からです。

急に寒波がやってきています。
首と名前がつくところ。
首、手首、足首を冷やさないように マフラー、アームカバー、レッグウォーマーを活用してください。
もちろん温灸も・・・

冷えは万病の元です

onnkyupinku.jpg
* Category : お知らせ
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2018-12-11 (Tue)
近年、ほとんどの病気の原因が遺伝子にあることが解明されてきました。
遺伝子治療や遺伝子診断などが話題になっていますね。

いま、遺伝子が傷つくのを防ぎ、また修復することができる「核酸」が注目をあびています。

核酸は体内にもともとある補酵素・栄養素です。
加齢で核酸が不足する体内の細胞の新陳代謝がスムーズに行われないために老化が進みます。

老化防止には体内に核酸が十分に保有しておく必要があります。

核酸を充分料保有できていると、生活習慣病や老化防止、アンチエイジング、ガンを予防できます。


私も毎日核酸DNAリペアルを服用しています。

DNA.jpg
180カプセル 5400円


服用していただいているお客様の声としては

疲れにくくなった
アレルギーの症状が治まった
髪の毛がしっかりしてきた
更年期の不快症状が治まって来た
と好評です。

1日の服用量は6カプセル~18カプセルです。

* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2018-12-07 (Fri)
どうして血圧が高いといけないのでしょうか?

kenkoushindan_ketsuatsu.png


高血圧が原因で体が辛いとはあまり聞きませんよね。

自覚症状は問題にならないのに高いとダメな原因。
それは、血圧が高いと脳、心臓をはじめとする多くの臓器、部位に様々な形の悪影響(合併症)が現れることなのです。
それらの予防の為に血圧のコントロールが必要なのです。
 
そもそも血圧とは血管内の圧力です。
心臓から流れる血液が血管を押す力と考えてください。

血圧は体のすべての血管にありますが、普通は動脈とくに上腕動脈の圧力をさします。

心臓が収縮して血液を押し出すときの最も高い血圧が収縮期血圧(上の血圧)、拡張して血液の流れが緩やかな最も低い血圧が拡張期血圧(下の血圧)です。

血管の弾力性も血圧に関係し、動脈硬化が進むと、上の血圧は高くなり、下の血圧は低くなります。 
                              
 血圧の高い時には病院でもらう薬で治療するほかに方法は無いのでしょうか?
また、病院で処方された高血圧の薬を飲み始めると一生飲まなくてはいけないと思いがちですが、本当にそうなのでしょうか?

血圧を上げる原因として
 加齢、塩分の摂りすぎ、ストレス、寒さ、外気温の急変、睡眠不足、タバコ、肥満、運動不足、過度のアルコール摂取、便通時の力み、  動脈硬化などの病気、性格(一人ですべてを抱え込む性格)等があります。

血圧を下げる要因
 休養、睡眠、運動習慣、暑さ、ぬるめのお湯での入浴、少量のアルコール摂取等があります。

血圧を上げる原因を減らして、血圧を下げる要因を増やすのが良いですが、それが出来ないのも人の常ですね。 
でも、体重が少し減るだけで血圧が正常値になる方も多いのです。 
                                     
当店では血圧が高くなる根本的な原因である動脈硬化の改善に、循環元(じゅんかんげん)という漢方食品の服用をオススメしています。   




* Category : 病気・症状の話と養生法
Comment : (-) * Trackback : (-) |