123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2019-10-26 (Sat)
変形性膝関節症をはじめ、関節の痛みの一番の原因は軟骨がすり減ることではありません。では何が一番の原因かと言うと、関節を支える筋肉が痩せて固くなってしまうことなのです。
冷えると血行が悪くなり、筋肉が固くなります。
冬は注意が必要です。反対に夏場もクーラーなどで冷えるので注意してくださいね。
 
 関節の痛みには、コラミンゴールドが早く効きます。


4977168252571.jpg

コラミンゴールドの特徴は、一般のサプリメントとは違い、炎症を鎮める天然成分が沢山配合されていることです。           

炎症を鎮めるには服用量を多くすることがポイントです。     
初めは必ず毎食後に10錠ずつ飲んでください。
改善して来れば錠数を減らしていただいてOKです。

薬草湿布の糾励根(きゅうれいこん)や邵氏温灸器、骨砕補の併用すると相乗効果でより早く改善してきます。






ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから




* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-10-04 (Fri)
  以前100歳を超えても元気でいらっしゃる長寿の方々の食生活を調べた番組をテレビで放送していました。
ご長寿の方々が毎日飲食している物として挙げられているのは、ヤクルトや納豆、ヨーグルトでした。
これらは、腸内環境を良くするものですよね。
長寿の方たちは体験的に腸の環境がよければ体調が良いということを知っているということなんだと思いました。

  ところで、テレビCMなどでは「生きた菌が腸までとどく~」などと言われていますが、乳酸菌が生きたまま腸まで届くことには意味がないとご存じでしたか?? 

 乳酸菌が生きたまま腸に届くと、飲んだ人の腸内にとどまり、腸内細菌数が増えるようなイメージを持っておられるかもしれませんが、そんなことは無いのです。

 世界的な腸内細菌学の権威で東京大学名誉教授の光岡知足先生の研究によると、乳酸菌は腸まで届くときに生菌でも死菌でも効果に差がないということが分かっています。それよりも大切な事は、菌1つの大きさと、菌数の多さだそうです。

 今までは、善玉菌が多いと腸の環境が良くなり、便秘が改善される、健康になると考えられてきたのですが、善玉菌、悪玉菌関係なく、体が乳酸菌を異物として捉え、その異物を排泄しようとして、お通じが良くなったり、免疫を高めたりする働きがあるとわかりました。

 腸内細菌学の世界で善玉菌を摂るとそれが腸内にとどまり、環境が良くなるなどと話をするとまだそんなことを言っているのと笑われちゃうそうです。 
学術研究はどんどん進んでいるのですね。

店頭では腸活プレミアム1.2兆をおすすめしています。

cyoukatu12.jpg


腸活プレミアム1.2兆の特徴は、
  ナノ型で粒子が細かい。
  小腸のパイエル板で吸収されやすい。
  免疫を高める作用の高いEF(エンテロコッカス・フェカリス菌)と植物由来のF-1(ラクトバチルス・プランタラム菌)の2種類配合

鼻、皮膚のアレルギーの方、便秘の方、免疫を高めたい方にオススメです。


ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから






* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-09-19 (Thu)

 先日、調子が悪いと感じる方はコエンザイムQ10不足かもしれないと書きました。

コエンザイムQ10の主な働きは、1、細胞を活性化 2、抗酸化作用でしたが、具体的にいうと次の様になります。

●心臓を強化・・血液循環させる心臓のポンプ力を強めます

●ガン予防・・身体を酸化させず、血液循環を良くすることで予防します

●冷え性・慢性的な痛み、低血圧を改善・・心臓のポンプ力を強めて改善

●疲労回復・・疲労の蓄積を防ぎ、疲れを翌日に残しません

●免疫力をUP・・血液循環がよくなるためウイルスから体を守ります

●自律神経失調症の軽減・・全身の細胞が活性化するので辛い症状を軽減

●脚のむくみ解消・・末梢の血液を心臓まで戻す力をつけます

●動悸・息切れの改善・・心臓のポンプ力を高め、血液に勢いをつけます

●高脂血症治療薬の副作用抑制・・副作用にコエンザイムQ10の減少あり

●パーキンソン病改善・・進行を遅らせる研究発表あり

●透析治療後だるさ改善・・透析治療後に起こる低血圧を改善します

こんなに多くの効果があるコエンザイムQ10.積極的に摂りたいですね。

inaiinaibaa2.png


いつまでも保持していたい体内のコエンザイムQ10ですが、以下の3つの理由により減少していきます。

理由その① 加齢  
 コエンザイムQ10の量は、20歳をピークに急速に減少していき、特に40歳以降になると急激に減少します。コエンザイムQ10は心臓、肝臓、腎臓、肺に多く含まれていますが、加齢による減少が特に多いのは心臓です。

理由その② ストレス
 ストレスは体内の活性酸素を増大させる原因です。抗酸化物質であるコエンザイムQ10がストレス解消のために大量に消費されてしまいます。血中のコエンザイム濃度が正常の人は極めてまれだそうです。

理由その③ 病気
 病気と闘うとき、コエンザイムQ10は大量に消費されます。また病気で食欲が落ちてしまうと食品からの摂取量が減り余計にコエンザイムQ10不足に陥ります。

また高脂血症の治療薬(スタチン系のメバロチン、リポバス、リピトール、クレストールなど)によってコエンザイムQ10の生産量が減少することも判明しています。


 コエンザイムQ10は牛肉や豚肉のレバー、カツオやイワシなどの青魚などに含まれますが、毎日必要な量を食物だけで摂るのは難しい栄養素です。
1日の摂取目安約60~100mgを摂るには、イワシなら12~20尾(1尾80g)も食べなければなりません。
手軽なサプリメントでの補給、店頭ではコルマータQ10Vをお勧めしています。



s32_f_business_56_2nbg.jpgホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpgお買い物はこちらから



* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-09-14 (Sat)
あなたもこんな不調を抱えていませんか?


 冷え性がひどい。 
 顔色がわるい。
 低血圧で朝が辛い。
 疲れやすい。やる気がでない。
 動悸や息切れがある。
 夕方になると足がむくむ。
 長時間立っていると気持ちが悪くなる。

 これらの症状は、体内のコエンザイムQ10が不足しているからかも・・・

体内で作られる物質。コエンザイムQ10は加齢で20歳代をピークに減少していきます。
また、ストレス、病気などの理由でも減少します。
コエンザイムQ10が不足することで老化がすすみ、様々な不調が起きやすくなります。


コエンザイムQ10は、人が生命活動をするうえで必要なエネルギーです。
そのエネルギーの95%は、「エネルギーの生産工場」と呼ばれる細胞の内部にある「ミトコンドリア」で作られています。

コエンザイムQ10は、血液や体内すべての細胞に含まれている成分ですが、中でもこのミトコンドリアの中に多く存在し、絶え間なくエネルギーを作り続けるのを助ける役割があります。
コエンザイムQ10は、食事からの摂取と体内での合成の2つのルートで存在します。


tachikurami.png



 コエンザイムQ10の主な働きは・・・・
 1、体内のエネルギー生産を助け、細胞を活性化
   コエンザイムQ10が体内に不足なく存在することでエネルギーを産生
   効率が約28倍高まると言われています。

 2、優れた抗酸化作用で活性酸素を撃退
   人が呼吸して体内に取り込む酵素のうち約5%は「活性酸素」という
   老化、ガン、生活習慣病などを引き起こす厄介者です。
   コエンザイムQ10にはこの活性酸素を消去し、細胞の酸化を防ぐ作用 
   があります。抗酸化物質として働くビタミンEの作用も助けます。




s32_f_business_56_2nbg.jpgホームページはこちらから
s32_f_business_38_0bg.jpgお買い物はこちらから


* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-05-17 (Fri)
熊は冬眠前後には必ずクマ笹を食べます。
それにはきちんとした理由があるのですよ。


高たんぱく、高カロリーの餌を食べてひと冬を過ごす熊は冬眠中に一度も排便をしません。
そこで腸内が異常発酵し、血液が汚れ、体内に毒素が回らないように大量の餌を食べた後に必ず大量のクマ笹を食べて冬眠に入ります。
そして春に目覚めて最初に食べるのも雪に埋もれたクマ笹なのです。

 熊はクマ笹が腸内の異常発酵を防ぎ、血液浄化作用や解毒作用があることを本能的に知っているのですね。    
 同じように、馬、牛、鹿などもクマ笹の葉を食べるそうです。

 ところでクマ笹の漢字は本来は「隈笹」と書くのをご存じでしょうか?
japan_kabuki.png

熊の大好物なので「熊笹」のように思うのですが、辞書によると、冬の間に緑の縁が白く枯れて歌舞伎役者の隈取のようになるから隈笹だそうです。

 クマ笹は古くから民間治療薬として、病気や怪我の治療には欠かせない薬草でした。
胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪の時に煎じて飲んでいたといわれています。 
また、やけどや切り傷、湿疹にあせも、虫さされ、口臭や体臭を消すことにも使われていました。 
 

生活の中では、クマ笹の葉には防腐作用や殺菌効果が高いとされ、山仕事や旅の途中で食べるおにぎりや餅を包むのに重宝されてきました。 
笹団子、笹寿司、笹酒、チマキなど、クマ笹を使った食べ物は、昔からたくさんあります。                                        
 中国では、クマ笹の名前が中国最古の薬物書に漢方薬として登場しているほど、古くから健康を支えていました。
 現代の科学的な研究調査がなされるずっと以前から、昔の人はクマ笹の葉に含まれた葉緑素による防腐効果や抗菌効果を認識し、生活に活用していたのですね。



クマ笹の中の種類の1つがクマイ笹です。
クマイ笹の語源は1枝に9枚の葉がつくことから「9枚笹」といわれたようです。
しかし現在は、山中で観察すると5~7枚ぐらいが多いそうです。

 クマイ笹にはタンパク質の主要な構成成分であるアミノ酸が24種類も含まれています。
なかでも体内では合成できず、食物から摂るしかない必須アミノ酸8種類のうち7種類が含まれています。                そのほかにも、アラビノキシラン、リグニン、フラボノイドなどの成分が含まれています。
 クマイ笹エキスの有効成分として、もう一つ忘れてはならないものに豊富なミネラル群があります。    
 鉄分を中心に一般植物の数倍から数十倍のミネラルがイオン状で含有されています。 
                                                  
 店頭ではクマイ笹を特許製法の循環多段式加圧抽出によって抽出された「AHSS」エキスを光沢剤などを使わずに製法したクマイ笹エキス粒の取り扱いを始めました。

クマイ笹
100粒入り 3024円 20日~10日分


 クマイ笹エキス粒は次のような方にオススメします
 ①ピロリ菌を副作用なしに除菌したい方
 ②胃潰瘍、十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎などで発ガンを心配している方
 ③口臭や体臭が気になる方
 ④口内炎が出来やすい、扁桃腺が腫れやすい、粘膜に出来物が出来やすい方
 ⑤のぼせやすく、頭皮が赤い、鼻血が出やすい、血液が粘りやすい方
 ⑥高血圧、高コレステロール症など動脈硬化やメタボが気になる方

* Category : 漢方食品・健康食品
Comment : (-) * Trackback : (-) |