12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-11-28 (Thu)
IMG_8194 (2)

毎年干し柿を作っています。
この写真は今年第2弾目。
来週あたりには、第3弾を干す予定です。


毎年思うのですが、渋くて食べられない柿を干してたべるという先人の知恵に偉大さを感じています。

干し柿に使う柿はそのままでは食べることのできない渋柿です。
渋柿を乾燥させるとタンニンという渋良い成分が不溶性に変わり甘みを強く感じられるようになります。
その甘さは砂糖の1.5倍ほどになるそうです。

渋柿でなく甘く普通に食べれる柿を干してもこの甘さにはならないそうです。
昔は渋柿を干したときに付く白い粉を砂糖代わりに使ったそうです。
これは柿の実の糖分が結晶化したものです。

栄養成分としてもっとも多いのは炭水化物です。
水分が減っている分高カロリーになります。
食物繊維も多く他にマンガンやカリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。
もともとの柿にはビタミンCが多く含まれているのですが、干すことでなくなってしまい、代わりにベータカロチンが増えています。
タンニンが多く含まれているので鉄分の吸収が妨げられることがありますので、鉄剤を飲むときには時間をあけてください。
また、食べるのは1日に2個程度までにしましょう。

二日酔いの時に食べると改善するといわれています。
また、柿のへたは煎じて飲むとしゃっくりやげっぷに効くとされ、生薬になっています。






041.gifご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
041.gifご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでお電話でのご予約をお願いいたします。
041.gif勉強会に出席等で不定休、営業時間変更の場合もございますのでHP等でご確認ください。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから


* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-09-11 (Wed)
 健康のために、免疫を上げるために、花粉症の予防に「機能性ヨーグルトを毎日食べてます。」と言われる方が増えているように思います。
 スーパーでもヨーグルトの売り場には沢山の機能性ヨーグルトがありますね。
機能性ヨーグルトは、研究者の方々が時間を費やして研究されて、臨床試験もされた上での発売です。
そこに異論をいうつもりはありません。
 確かに乳酸菌は腸管免疫を向上させます。また、便が良く出るようになると思います。
でも私は心配です。それは、次の3点からです。
sweets_yoghurt.png

①毎日冷たいものを食べ続けて大丈夫なのか?
 体を冷やすと免疫が落ちるのではないか・・・
 アレルギーのある人は冷えている人が多い気がするが・・・

②ホルモン剤が多量に入っている食品は大丈夫なのか??
 牛の乳である牛乳から作られるヨーグルト。 現在は牛乳を沢山効率よく摂る   
 ために、牛に大量のホルモン入りの餌を食べさせています。
 一部では牛乳の事をホルモンカクテルと言われることもあるのに。

③ヨーグルトからの乳酸菌では菌数が少なく効果が出にくいと思う。
 乳酸菌が体に良いのは証明済みですので、体を冷やさず、動物性由来で無い乳酸菌を500億個以上は摂る方法を考えてくださいね。

店頭では「ナノ型乳酸菌・腸活プレミアム1.2兆」(1袋に乳酸菌1.2兆個入り)や「長活生」をオススメしています。
腸内環境を良くして、免疫を正常にするものはヨーグルトだけではないと覚えておいてくださいね。
お味噌汁や、お漬物、などの発酵食品の方が日本人には合っていると思います。

「ナノ型乳酸菌・腸活プレミアム1.2兆」や「長活生」の詳しい説明書や試飲品もありますのでお声掛けくださいね。



* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2018-05-30 (Wed)
酵素って言葉を良く聞くようになりました。CMでも色々言ってますよね。
そもそも酵素って何なんでしょう?
酵素はタンパク質の1種で植物から動物まであらゆる生命に必要不可欠な物です。
呼吸や脈や運動といった動きから、消化や吸収や代謝や排泄まですべての生命活動や生態反応は全て酵素が担っています。  そしてその酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類に大別できます。

消化酵素というのは食べ物や栄養素を消化して、生命活動に必要なエネルギーに変換する働きの酵素です。また胃の中での消化を助ける役割もあります。                                    

代謝酵素は摂取したエネルギーを運動とか排泄など色々な生命活動をするのに役立ちます。
 酵素は必要不可欠な物ですが体内の酵素の数は年齢と共に減少してしまい、その働きや効果は段々と鈍くなっていってしまいます。          
多くあっても別に問題はないので積極的に酵素をとり、体内の酵素を増加させるようにしましょう。                    

酵素は、体の基礎をつくるものです。酵素が不足するとすぐに体調にあらわれます。それは、酵素があってはじめて食事で摂った栄養がエネルギーに変わるからです。 健康づくりの基礎の基礎、毎日酵素を摂ってください。          

酵素は体に溜めておくことはできません。
また、酵素は熱に弱く42度~70度で破壊されてしまいます。     

お味噌にも酵素が沢山含まれていますが、お味噌汁を作る時には火を止めてからいれてくださいね。
味噌汁
* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-08-25 (Fri)
足が浮腫んでだるく感じたり、
夕方になると、靴下のゴムの跡がついたりしていませんか?
そんな時には、タンポポ茶 ショウキT-1がオススメなのですが、
身近にあるものでは、小豆が良いですよ。
小豆を洗って、煮るだけなのですが、
その煮汁を飲んでください。
昔から 小豆は、浮腫とりに使われています。

小豆を炒ってから煮出す方法もありますが、そのまま煮出す方が続けやすいですよね。
私は、煮た小豆をそのまま食べたり、豆サラダに入れて食べています。
手軽に出来る養生法、お試しくださいね。😊
* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-08-01 (Tue)

 血液は食べたものを原料に作られています。だから、良い血液を作ろうと思うと、良い食事をしなくてはいけません。
食事内容が悪いと、血液が汚れます。
また、食事からの栄養が不足すると血液も不足したり、薄くなったりします。
血液を作る材料は鉄だけだと思われるかもしれませんが、そうではないのです。
食べたものをエネルギーに変えるのには、鉄以外にも様々なビタミン、ミネラルが必要です。
 
 私が、色々ある野菜の中で大麦若葉をお勧めするのは、大麦若葉に何か突出して栄養素が高いという事ではなく、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているからです。

aojiru.png



バランスよく含まれているからこそ、食事内容の補正には大麦若葉が最適なのです。
世界中で、人間の主食はイネ科の植物(米、麦、とうもろこし等)が大半です。草食動物の牛や馬も草を食べる時にイネ科の植物を好んで食べます。
これは、本能的に栄養素がバランスよく含まれていることが判っているからだと思います。大麦若葉もイネ科です。

eto_remake_ushi.png

少し前になりますが、狂牛病が騒がれた時がありましたね。
牛に骨粉を与えると狂牛病になるのも、それが本来の食事ではなかったからです。
私たちは毎日の食事で、今自分がどの栄養素が足りていないかなどわかりません。そ
のために食事の補正、養生食として大麦若葉のグリーンピュアレをオススメします。
  
 大麦若葉には「緑の血液」と言われる葉緑素も豊富に含まれています。
葉緑素は、人間の血液の色素であるヘム(ヘモグロビンの中心構造)と似た構造をしています。


体に入った葉緑素は、ダイオキシンや有害ミネラルのカドミウムや鉛などの物質を吸着して排出させる解毒機能を持っています。
血管内のコレステロールも吸着する働きがあるため、コレステロールを抑えて血液の流れを良くする働きもあります。
体内に取り入れられた葉緑素は、有害物質が体内で吸収されることを抑え、速やかに体外に排出を促して細胞を活性化させる働きも兼ね備えています。
そして、葉緑素は臭いを摂る働きがあることもわかっています。
* Category : 薬膳・食事の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |