123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2019-11-05 (Tue)

庭に雑草が生えた時に、土から出た葉だけを取りますか?根っこから抜こうと思いますか?
多くの方は根っこから抜こうと思われるのではないでしょうか?
これって病気の改善にも同じことが言えるんですよ。

例えば花粉症がある場合、多くの方は鼻炎薬を飲みますよね。
これは雑草の葉だけを抜くのと同じことです。
今、鼻がでている。くしゃみが出る。目がかゆいの症状は改善すると思います。
でもまた花粉が飛べば症状は出てしまいます。

私がオススメしたいのは根本治療。                
いつ花粉が飛んでも症状が出ないように、また出たとしてもせめて症状が軽くなっていただきたいのです。
そのためには、食習慣・生活習慣の改善と漢方が必要になってくると考えます。

これは花粉症だけの話ではなく、アレルギーやガンをはじめとする慢性病も同じです。

先日ご相談いただいた50歳代の女性ですが、鼻炎で耳鼻科に通われていました。
薬を飲んで鼻水は少しでなくなったそうですが、薬を飲むと喉が渇くことと、眠たくなることに困られていました。
それで薬の服用を控えていると、こんどは喉の違和感を感じるように・・・・
胃の重さも気になるようになってきたとヘルシーBOX立石薬店に来られました。

鼻水の対策に漢方薬の小青竜湯を、鼻の粘膜、喉の粘膜、胃の粘膜を強くするために通竅(つうきょう)をお渡ししました。
服用して1か月半で鼻水の症状が減り、今は小青竜湯を飲むのを止め、通竅だけ飲まれています。
通竅は長く服用すればするほど粘膜を強くし過敏反応を抑えていきます。


アレルギーといっても、花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息だけではないのです。


アレルギーの症状として起こる粘膜の過敏反応

●鼻粘膜が弱く過敏反応⇒鼻水・鼻づまり・慢性鼻炎・副鼻腔炎・後鼻漏
●口の粘膜が弱いと⇒口内炎ができやすい
●のどの粘膜が弱いと⇒のどがイガイガする・痰がからむ・のどが痛む
●気管支粘膜が弱く過反応すると⇒咳がでる
●胃粘膜が弱く過反応すると⇒胃弱・胃痛に
●腸粘膜の過反応で⇒下痢しやすくなる
●膀胱粘膜の過反応⇒無菌性膀胱炎を起こし頻尿に
●膣の粘膜が弱く過反応すると⇒慢性の膣炎に

これらの辛い症状を改善するには、粘膜を強くして過敏反応をさせないようにすることが必須です。
改善、そのためにはまず 通竅 を飲んでみて下さい。

通竅の構成生薬は「冬虫夏草」「紅参」「紫蘇」なのですが、これらの生薬は体を温める作用が強いものです。
 冬虫夏草・・・粘膜や皮膚のバリア機能を高めて外敵から体を守ります。    
 紅参・・・胃腸を強くし、血流を改善し、自律神経を整えます。
 紫蘇・・・免疫異常の調整をし、解毒効果があります。     


ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから







* Category : アレルギーの話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-02-26 (Tue)
私達の体には自分の体と違う成分、例えばウイルス、細菌、食物、ダニ、花粉などが体の中に入ってくると、これを異物として認識して攻撃し排除する仕組みがあります。

これを免疫と読んでいます。

アレルギー反応も広くは免疫反応の一部ですが、異物に対して反応する際に自分の体を傷つけてしまう場合をアレルギー反応と呼びます。

もともと私達の皮膚や粘膜には外からの刺激に対抗できるようにバリア機能が備わっています。

このバリア機能を何らかの原因で突破されてしまうとそこからウイルス、細菌、アレルギーの原因となるダニ、ホコリ、花粉が入りこみます。侵入してきた物質は抗原と呼ばれ、アレルギーの原因になるものは特にアレルゲンと呼びます。

抗原やアレルゲンが侵入するとこの情報はリンパ球に伝えられ、抗原の種類や、状況、免疫のバランスによって反応を変えて対処しようとします。

アレルゲンに対してはIgE抗体を作ります。

次にアレルゲンが入って来た時に花粉症の症状(涙目、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻詰り)を引き起こすヒスタミンや炎症を増悪させる 好酸球ペルオキシダー(EPO)を放出させます。

紅豆杉にはヒスタミンとEPOの放出を抑える働きがあります

医薬品の抗ヒスタミン剤などは、細胞外に放出されたヒスタミンを 無力化しようとするもので副作用があります。

それにかわりヒスタミンの放出原因となる肥満細胞(マスト細胞)の破裂そのものを直接抑える紅豆杉には副作用がありません。

tubu.gif

私も顔が化粧品にかぶれてしまった時に、またその後花粉皮膚炎になった時に紅豆杉に助けられました。

* Category : アレルギーの話
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-01-30 (Mon)
花粉症の方には辛い時期がやってきますね。
今年は花粉量が昨年の4倍だそうです。

花粉症には、通竅(つうきょう)がお薦めです。
通竅の成分は、冬虫夏草、紅参、しそ です。

今年発売7年となる通竅ですが、多くの患者さんに喜んでいただいています。
今から飲んで頂くのがオススメです。
絶対にオススメですよ~

飲み方にコツが必要です。
ご相談くださいね。
お待ちしています。

mask_kafun_woman.png



* Category : アレルギーの話
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-05-18 (Wed)
atopy.png


私がアトピー性皮膚炎を始めとした皮膚病の患者さんにお伝えしている養生法です。

漢方や漢方食品だけで治る事は難しく、漢方にプラスしていかに養生するかが大切です。

全て守ることは難しいかもしれませんが、出来る事から始めてみてください。

少しの改善だけで治ればそれで良いですし、なかなか改善してこない人は下記の養生を

増やしていってみてはいかがでしょうか。




食事編

1.過食は慎み、よく噛む。腹八分目が良い。 ゆっくり食べる。

2.砂糖は食べないほうが良い。食べたい時は黒砂糖か蜂蜜を少量使う。

3、砂糖,果物類を多量に食べると,体質も症状も悪化させるので要注意。

4.油脂類の摂取を減らす(揚げ物を極力減らす)。

5、カロリーの多いもの(甘いもの,油こいもの)は症状を増悪させる恐れがある。

6、動物性タンパク質を少なく、摂るなら魚介類の方がいい。

7.できるだけ無農薬・無添加食品を選ぶ。

8.洋食よりも和食、パン食よりもご飯とみそ汁。 

9、加工食品,保存食品,調理済み食品を多く食べることは,栄養のアンバランス    

  につながりアレルギー体質になりやすい。

10、塩分を少なくする。食塩は,にがりの入った自然塩を使用する。

11、香辛料,刺激物は症状を悪化させることがあるので,多量に食べている人は

  少なくする。

12、嗜好品(酒,たばこ,コーヒー,お茶,菓子,果物など)は控えめに。

13、海草を常食する。ワカメ,昆布,海苔,ひじき等を毎日食べる。

14、成長期においては,湿疹をすべてなくそうと過度の食事制限をすることは,危険である。

15、ある食品を食べて,皮膚症状が悪化した場合,その食品は一時避けるようにする。

16、一つの食品だけを特別多く食べることは,その食品のアレルギーになる恐れがある。

........ 好きな食品に注意。




気持ち編

1、長くかかって出来たものであるから,気長に治す。

2、症状の増悪因子と,体質の増悪因子を分けて考えたほうが良い。

3、暖まること,日光に当たること,運動すること等は症状を悪化させるが,

.......体質を悪化させるのではない。

4、症状が軽くなった時は,少しずつ陽に当たったり,適度な運動をして体質改善をしたほうが良い。

5、運動して汗をかいた時はすぐシャワーを浴びる。

6、便秘をしないように気をつける。

7.原則として風呂に入り、湯船につかり体を暖める。シャワーだけでは不十分。

  症状に応じてどうするかを決める。

8.気持ちを明るく持ち,思っていることを口に出すよう努力する。



++++++++++++++++++
健康セレクトショップ
ヘルシーBOX立石薬店 立石順子
大阪府守口市藤田町5-4-3
フリーダイヤル 0120-868-203 
営業時間AM10時~PM6時 日・祝休み
HP http://tateishiyakuten.com
++++++++++++++++++

ご来店での相談のご予約はこちらからお願いいたします。
クービック予約システムから予約する


* Category : アレルギーの話
Comment : (-) * Trackback : (-) |