123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2019-11-14 (Thu)
今日11月14日は世界糖尿病デーです。
新聞にも大々的に載っていますね。

糖尿病は改善する病気ですし、予防もできる病気です。
厄介なのは初期段階では、痛くも痒くもないことで発見が遅れてしまうことです。
定期的に健康診断を受けておられる方は、血糖値ではなく、ヘモグロビンA1cという検査項目を気にしてください。

特にご両親や祖父母に糖尿病だった方がいる人は注意してくださいね。

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために血液中を流れるブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気です。
血糖の濃度が高いままで数年間も放置してしまうと血管が傷つき、心臓病や、失明、腎不全といった重い病気に繋がります。

インスリンが十分に働かない原因には
1.インスリンの分泌そのものが低下する → インスリン分泌低下
2.インスリンは十分にあるけれど、効果を発揮できない状態 → インスリン抵抗性
があります。

糖尿病ではこの2つが影響して血糖値が高くなってしまうのです。


予防と改善には方法がいくつもあります。
血糖値が高い、ヘモグロビンA1cが高いと言われたかたは、すぐに養生を始めましょう。
食養生も必要ですが、漢方で改善させていく方法もあります。
両方できれば鬼に金棒ですね。

どうぞご相談ください。










d24670-132-694472-0.jpg


ご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
ご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでご予約をお願いいたします。 
dennwa.jpg
クービック予約システムから予約する

相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから


* Category : 日々のこと・思うところ
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-11-13 (Wed)
湿熱・しつねつ
湿が結びついてできるドロドロとした粘性の高い病的な産物。
黄色い色を特徴とします。
色々な病気の原因になります。
湿と痰の両面の性質を合わせもつので、温めても乾かしても解消できず、体内にとどまり易い傾向があります。


熱・ねつ
正常なは体の働きを支えるエネルギーや活動度を意味しますが、病的なは、機能が過剰に亢進した状態を指します。
実際に体温が上がることを意味するのではなく、興奮状態や動悸、充血、発赤などの症状を作る原因をとしてとらえます。
熱は昇る性質をもつことから、体の上のほうに症状がでることが多く、乾燥をつくる傾向があります。


火・ひ
炎が飛び火したり、周りを焦がしたりするように、病的なの勢いがさらに強くなって、元の機能から他の機能に波及したり、機能が亢進したりするだけではなく、構造を壊したり出血を生じたりする状態をと呼びます。
暴走するが血管の中にとどまるべき血を外に押し出すと考えられます。





ご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
ご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでご予約をお願いいたします。 
dennwa.jpg
クービック予約システムから予約する

相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから


* Category : 東洋医学の基礎知識
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-11-12 (Tue)

 東洋医学の用語の中で病的な状態を指す用語もたくさんあります。

虚実・きょじつ 
不足した状態のことをといい過剰の状態のことをといいます。
何が不足するかで気虚 血虚 腎陽虚 腎陰虚 脾虚 などと表現します。
生体では、湿熱湿痰のように単に量が過剰なだけではなく、巡るものが滞って部分的に過剰になる場合もといい、気滞血瘀などもに属します。
滞りのばあい、過剰のところだけでなく不足する部分も同時に存在しますのでが混じりあっている状態になります。


瘀血・おけつ
血の流れが滞ってできる病的な産物のこと。
黒い色や塊をつくることが特徴です。
実際に血液が固まらないでも血の流れが悪い状態のことは血瘀といいます。
深部が締め付けられるように痛むことが特徴です。


湿・しつ
津液が過剰になったり流れが悪くなったためにできる役に立たなくなった水。
。正常な津液の動きを邪魔してそれぞれの働きに異常を引き起こします。
重苦しいだるさを感じることが特徴です。


痰・たん
津液が滞ってできる湿よりも粘性が高く、動きの悪い病的な産物です。
からでる痰もその一部ですが、からだ中どこにでも発生して 血 津液の流れを邪魔したり血管を詰まらせたりします。
目に見える物質だけを意味するのではなく、目に見えなくとも 気 血 津液の流れを邪魔する働きをと表現します。


続きは明日・・・

ご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
ご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでご予約をお願いいたします。 
dennwa.jpg
クービック予約システムから予約する
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから



* Category : 東洋医学の基礎知識
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-11-11 (Mon)
 センセーショナルな題名の本を読みました。
 この本の始めに、
 『口の中は、「小さな地球」。
 この環境を大切にすればあなたの人生は大きく変わります。』
 とありました。
 本当にそうだなぁ~と深く納得してしまいました。

9784426124267.jpg


歯周病菌と心臓・血管

 歯周病菌は、血管に脂肪が溜まるのを促進します。その結果、脂肪にまみれた血管内のゴミがヘドロになって血管の内壁にへばりついて血管がどんどん狭くなっていきます。  これを「アテローム性動脈硬化」といいます。血管が狭くなって詰まりやすくなってしまうので、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってしまいます。一度できてしまった血栓は、血液の流れに乗り、全身のあらゆるところに飛んでいきます。これが脳にいけば脳梗塞、心臓で つまれば心筋梗塞を引き起こします。


歯周病菌と妊娠、出産

 女性が妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)の急激な増加により疲れやすくなったり、味覚が変化したりするほか、虫歯や歯周病にかかりやすくなることをご存じですか?昔は「一子を産めば、一歯を失う」と言われていたほどで、歯を磨けない状態になると唾液も出にくくなり、その結果細菌にとっては楽園のような環境になるため、虫歯や歯周病になるリスクがぐっと高まるのです。
 妊娠中には色々な種類の歯周病菌が増えてしまいます。               
深くなった歯周ポケットの中で粘膜を突き破った歯周病菌は一気に体内に流れ込み、羊水の中にも入っていきます。                                   
 歯周病菌が胎盤までいってしまうと流産や早産のリスクが高まるそうです。


歯周病菌とインフルエンザ 

 口腔細菌がインフルエンザウイルスを体内で増殖させ、インフルエンザの発症リスクを高めます。


歯周病菌と糖尿病


 歯周ポケットから出て血流にのった歯周病菌は、炎症物質となり体の中で血糖値を下げるインスリンを効きにくくします(インスリン抵抗性)。そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

 色々な病気の原因、悪化に繋がってしまう歯周病菌ですが、歯周病に効く薬はないそうです。口の中に生息している菌の多くは、お互いに結びついて、「バイオフィルム」というバリアを形成しているため、薬はほとんど効きません。
 例えるならば三角コーナーのぬめりと同じで、洗剤をかけても、水で洗っても取れません。
しっかりスポンジでこすらないときれいになりません。
同様にバイオフィルムも歯ブラシでしっかりこすらないと取れないのです。
 さらに、菌は古くなっていくと歯石という石のような状態になり、ここにさらに菌が付着します。
この歯石はバイオフィルムよりもさらにやっかいで、歯ブラシだけでは取れず、歯科医院に行って刃物(スケーラー=主に歯石を取るために用いられる歯科用の器具)で除去しないといけなくなるのです。
歯石といった温床や、バリアに守られている状態では、薬で減らせたとしても一時的な処理といえます。

数か月に一度の歯科医院での歯石除去、歯周病菌殺菌以外に家庭でできる積極的な歯周病菌除去の方法があります。
それは、歯周病菌を吸着して外に出してしまうという画期的な方法です。沖縄県与那国島で産出される化石サンゴを原料とするサンゴアパタイトです。 
サンゴアパタイトには、歯の表面を修復する再石灰化や色々なよごれや細菌を吸着除去する作用があります。

世界初のサンゴアパタイトが主成分の歯磨き粉があります。
気になる~試してみたいとお考えの方は、試供品がございますのでお申し付けくださいませ。




ご相談はご来店、お電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。
ご来店でのご相談の場合はゆっくりとお話をお聞きしたいのでご予約をお願いいたします。 
dennwa.jpg
クービック予約システムから予約する

相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから



* Category : 病気・症状の話と養生法
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2019-11-06 (Wed)

 青年期以降にできるニキビを「大人のニキビ」または「アダルトニキビ」といいます。
アクネ菌によって炎症が起こるというメカニズムは思春期のものと同様ですが、思春期のニキビのように皮脂分泌過剰だけが原因ではありません。
大人のニキビの原因はストレスやホルモンの乱れ、不規則な生活などさまざま。
原因を見極めて最適なケアをしていくことが大切です。

nikibi_obasan.png


 大人のニキビは新陳代謝の悪化により、肌サイクル(※)が乱れ、角質層の機能障害が生じ、毛穴が角質でふさがれるために生じます。
 その上、水分を正しく保持する能力が低下した角質層は生体バリアとして機能できなくなり、アダルトニキビをさらに悪化させてしまいます。
これは、様々なストレスや不規則な生活による、ホルモンバランスの乱れなどで皮膚の新陳代謝が正しく行われていないことが原因です。

※肌サイクル=肌細胞が生まれてからアカになって脱落するまでのサイクル 大人のニキビは悪化させると跡が残る心配があります。自分にあったストレス解消法を見出し、生活習慣を改善してニキビができにくい肌を目指しましょう。

(1)夜更かし生活を改め、規則正しい生活を
体の新陳代謝が活発になるのは夜10時から深夜3時。この時間帯を睡眠にあてれば、お肌の新陳代謝も高まります。

(2)野菜を中心としたバランスの良い食生活を
ニキビを予防するには、かぼちゃやレバーなどビタミンA・B群を多く含む食品や、抗酸化作用のあるブロッコリーやいちごなどのビタミンC、便通を良くする海藻類やきのこ類に多く含まれる食物繊維など、これらが多く含まれる食品をしっかり摂りましょう。反対に、揚げ物や脂肪分の多い食品は控えてください。注)妊婦がビタミンAを過剰に摂取すると、胎児の催奇性発現の確率上昇につながるのでご注意ください。(植物由来のものはβ-カロチンなので問題ありません)

(3)正しい洗顔をしよう
お化粧の取り残しも、ニキビを悪化させる原因の一つ。手で石鹸をよく泡立て、ゆっくり、しっかり洗顔を。また、入浴は肌の新陳代謝を高め、角質層をやわらかくしてくれます。少しぬるめのお湯にゆっくり浸かって代謝を促進させ、毛穴のつまりを防ぎましょう。

(4)ストレス解消方法を見直そう
ストレスを飲酒・喫煙でまぎらわせるのは、お肌にとって逆効果。適度な運動や睡眠、入浴など、一日の中にリラックスできる時間をつくって、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

(5)自分にあったスキンケアを
角質層をやわらかくするには、たっぷりの水分と適度な油分が必要。女性は生理周期によって皮脂バランスが変わるので、肌の調子を見ながら油分を補うようにしましょう。


順ちゃんの得意分野でもあります。
どうぞご相談ください。


ご相談はお電話、ホームページ内メール、LINEでお待ちしています。 
dennwa.jpg
相談室

s32_f_business_56_2nbg.jpg ホームページはこちらからどうぞ

s32_f_business_38_0bg.jpg お買い物はこちらから







* Category : お肌と美容の話
Comment : (-) * Trackback : (-) |